牛担保融資とは

畜産農家の中には、不動産担保などにより借入を行っている方がいると思います。銀行融資の中には、多数のブランド牛などを担保にして、畜産担保融資を行う特殊な事例もありますね。

(1)融資の担保

融資の担保は、不動産担保や預金担保による融資を思い浮かべる方が多いと思います。事業者の中には、不動産担保による融資をすでに受けていたり、不動産以外に投資をしている方がすでにいると思います。

動産も条件が当てはまれば担保として融資を受けることができますが、航空機ファイナンスや船舶ファイナンスのように巨額の資金が動くものがあります。動産担保融資と不動産担保融資の違いを理解すれば、お金を借りやすくなるうえに、低金利で借りることができますね。
スポンサードリンク

(2)ブランド牛を担保

  1. 畜産の中でも牛は価格が高い
  2. ブランド牛は値崩れしにくい
  3. 固体識別管理により、流通ルートの追跡ができる
  4. 畜産農家は多数の牛を飼育
畜産の中でも牛は価格が高く、ブランド牛の価格は値崩れしにくいことが特徴であると言えます。ブランド牛は値崩れがしにくいうえに、消費者の人気も高く、固体識別管理により追跡することが可能です。

牛が担保になるということは、初耳の方も多いと思いますが、和牛は価格が高いだけでなく畜産の中でも担保になりやすい性質があります。畜産農家は様々な規模がありますが、多数のブランド牛を飼育している農家は、ブランド牛の価値は財産として社会的に認められていると言えます。

(3)牛担保融資の組成

  1. 個別の融資契約を締結
  2. 制度融資を探す
牛担保融資の組成を考えた場合、シンジゲートローン融資のリスクで説明したように、通常の融資と異なる契約を締結するか、制度融資を探す方法が考えられます。制度融資の特徴で触れましたが、地方自治体・信用保証協会・銀行が提携して制度融資がありますので、それぞれの担当者に事業者が相談してみるのがよいと思います。

牛担保融資は報道により有名になっていますが、特殊な融資ですので、銀行担当者が何も知らない可能性も考えられます。事業者の方が、積極的に動かれることで、融資による資金調達金額の増加や有利な金利が見込めると言えそうですね。

(4)公的機関も動産担保融資を重要視

  1. 農家の資金繰り改善
  2. 農林水産省が融資の仕組みを説明
  3. 信用保証協会は無担保融資よりも金利が低い
牛担保融資は、動産担保融資(ABL)と呼ばれており、金融機関の融資増加と事業者の借り入れを増やすために注目を集めています。農業融資は、成長市場と言われているだけでなく、地方振興のために公的機関も後押しをしています。

牛担保融資について農林水産省信用保証協会は重視する姿勢を見せていますが、農林水産省の指摘するメリットデメリットについて見てみましょう。牛を担保にするという考え方は、初めて聞いたときに驚く人もいると思いますが、動産担保の中でも動物を扱う特殊性があります。

(5)牛担保融資 畜産業者のメリットと課題

牛担保融資 畜産業者のメリット

  1. 動産や売掛金を担保にすることで、資産を有効活用できる
  2. 不動産担保や第三者保証に以外の選択肢が増加
  3. 無担保融資と比較して、借入金利が安く融資金額が多くなる可能性がある
  4. 金融機関から、資金確保と事業のアドバイスを受けることができる

牛担保融資 畜産業者の課題

  1. 金融機関に業績報告を行う必要がある
  2. 担保物の品質保持・管理
  3. 融資返済が困難になると担保処分の可能性がある
中小企業や個人事業主の場合、事業主や第三者が融資に連帯保証を行うことがよくあると思います。農林水産省はデメリットとして担保処分の可能性を指摘していますが、連帯保証を行っている場合は売却される可能性がありますので、資産の有効活用を模索するのも有効ですね。

金融機関への業績報告は、中小企業融資でも普通ですし、経営管理の延長線上で対応できる方が多いのではないでしょうか。

(6)牛担保融資 金融機関のメリットと課題

牛担保融資 金融機関のメリット

  1. 農業融資参入による融資顧客の増加
  2. 定期的な事業報告のよる与信情報強化で、事業悪化時の貸倒れを事前に防ぐ

牛担保融資 金融機関の課題

  1. 農業者の事業内容や担保物の管理、把握できる人材確保
  2. 客観性・合理性ある評価方法の確立
  3. 担保処分先の確保
  4. 評価・管理・処分を外部専門会社に委託した場合にかかる経費の負担
  5. 担保物が善意の第三者に即時取得されることの防止
金融機関にとって、牛担保融資以外の融資も行っていた場合、牛担保融資による与信情報強化で対応が迅速になる可能性があります。

牛担保融資の最大の課題は、担保とする牛の管理と、牛が担保であることを知らずに購入されるリスクをどのように減らすのかですね。動産担保融資の種類は、牛担保のように複数の牛をまとめて一つの担保とする場合と、船舶や航空機のように一つで担保と考える場合がありますね。

農業融資について考えると、イオングループと取引のある方は、イオン銀行 農業融資のメリットを検討してもよいかもしれないです。動物の担保について考えましたが、農業機械を担保にして融資に成功している事例もありますね。
スポンサードリンク

関連記事・:


1 件のコメント :

  1. 良い一日、

    圧力をかけずに迅速に承認された個人向けまたはビジネス用のローンが必要ですか?グローバルファイナンスでは、お客様のニーズを満たす純粋なローンを提供しています。

    私たちのプロセスには、

    *低い関心事!

    *ファーストローン承認!!

    *簡単でストレスフリーな処理。

    *同じ日の送金を保証!

    * 100%信用できる!

    ローン申込みの詳細については、今すぐお問い合わせください。

    連絡先:

    Eメール:sarahharvey@myglobalfinancefund.com

    返信削除

最近の記事
Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。 ユーザーは広告のオプトアウト ページ
で Google 広告 Cookie を使用しないよう設定できます(また、Network Advertising Initiative のオプトアウト ページでも第三者配信事業者の Cookie の使用を無効にできます)。