立体駐車場の融資

立体駐車場は、土地を有効活用することにより、駐車場収益の最大化を目指しています。機械式立体駐車場は、初期投資とメンテナンスコストが必要なため、環境の変化に弱いことが特徴です。


(1)立体駐車場の特徴

  1. 土地が必要になる
  2. コインパーキングはリース可
  3. 自動車の収容台数が効率的
  4. 立体駐車場のメンテナンス費用がいる
駐車場ビジネスは、壇蜜さんが積極的に手がけていることが有名になっており、不労所得の一つとして注目を集めています。駐車場の融資をまとめましたが、駐車場には月極駐車場とコインパーキングがあるため、ほとんどの人が見たことがあるでしょう。

駐車場は、土地を保有していたり借りることができれば、少額でも始めやすいビジネスであると言われています。コインパーキングは、機材を調達することが難しいように思えますが、リースにより調達することができます。

立体駐車場は、限られた土地を効率的に使うことができるため、都会や高層マンションによくあります。立体駐車場は、機械のメンテナンス費用が一定程度必要になるため、長期間運営する場合は注意が必要になりますね。

(2)駐車場業界は拡大傾向

  1. 駐禁取締の強化
  2. パーク24は業界首位
  3. パーク24は2位以下に差をつけている
  4. パーク24は業績が安定しており規模拡大
  5. 都市部や郊外でもコインパーキングが増加
駐車場業界は、警察による駐車禁止の取締強化により、駐車場ビジネスの追い風になりました。大手スーパーやショッピングモールは、無料駐車場を展開していましたが、買い物客とは関係のない駐車に悩まされてきました。

大手駐車場運営会社は、コインパーキングの運営を行うだけでなく、小売店の駐車場管理を受託することにより規模拡大も進めています。駐車場業界は、パーク24の運営するタイムズが圧倒的な首位を確保しており、売上と利益の安定的な増加を続けています。

不動産ビジネスは、安定的な収益を見込めることが特徴になっているため、パーク24がリスクを抑えながら安定的に収益を増やしているということでしょう。駐車場ビジネスは、不動産運営のメリットを最大限に得られるため、銀行融資を使わずに恩恵を得るためにパーク24に株式投資をするという選択肢もありますね。

(3)機械式の立体駐車場はリスクがある

  1. 機械式は運営コストが年々高くなる
  2. 競合がコインパーキングを展開する
  3. 郊外のショッピングモールなどにより需要が変化
  4. 未来のリスクが設備投資していため高くなりやすい
立体駐車場は、限られた土地を有効活用することにより、駐車料金による収益を最大化することになります。機械式の立体駐車場が儲かるためには、メンテナンスコストが安いままになるだけでなく、周辺の駐車場需要もあることが前提になるでしょう。

駐車場需要のあるところは、空き地ができればコインパーキングを展開できるため、競合が簡単に展開しやすいです。不動産開発は、オフィスビルの建設コストや時間を考えれば、コインパーキングを設置することに経済合理性があります。

地方の都市部では、不動産オフィスを建てられるまとまった用地があったとしても、自走式の立体駐車場を建設するところが増えています。機械式立体駐車場は、初期投資やランニングコストが高いという口コミもあるのは当然でしょうね。
スポンサードリンク

関連記事・:


0 件のコメント :

コメントを投稿

最近の記事
Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。 ユーザーは広告のオプトアウト ページ
で Google 広告 Cookie を使用しないよう設定できます(また、Network Advertising Initiative のオプトアウト ページでも第三者配信事業者の Cookie の使用を無効にできます)。